光通信技術で一変した世界のネットワーク

インターネットの贖罪

1990年代半ば以降、インターネットは文化や商業に大きな影響を与えている。電子メールによるほぼ即時の通信、インスタントメッセージ、VoIPによる「電話」、ビデオチャット、World Wide Web とそれによるインターネットコミュニティ、ブログ、ソーシャル・ネットワーキングなどがインターネットによって可能になった。研究教育コミュニティはさらに開発を進め、NSFのvBNS(英語版) (Very high-speed Backbone Network Service)、Internet2、ナショナル・ラムダレール(英語版)などの進化したネットワークを使っている。増大するデータ量が、1 Gbit/s、10 Gbit/s、あるいはそれ以上で動作する光ファイバー網の上でますます高速に転送される。増大するオンラインの情報・知識・商取引・娯楽などに駆り立てられ、インターネットは成長を続けている。

初期のコンピュータは当時利用可能だった技術を使い、中央処理装置と遠隔端末との光通信を行った。技術の発展に伴い、通信可能な距離が延びていき(遠隔端末との接続)、高速化していき(本体近辺の周辺装置との接続)、それらはメインフレームの運用モデルに必要とされた。それらの技術を応用することで、遠隔地にあるコンピュータ間でデータ(ファイルなど)を交換できるようになる。しかし1対1の通信では限界があり、物理的な接続が必須なため任意の2つのシステム間での直接通信は不可能だった。この技術はまた、敵の攻撃を受けた際に代替の経路がないため、戦略的使用や軍事利用は本質的に危険だと見なされていた。

ARPAの研究に基づき、国際電気通信連合 (ITU) がパケット交換網の標準化を開始し、X.25 と付随する規格案が提案された。光通信を使っているが、X.25 は従来の電話回線をエミュレートする仮想回線という考え方で成り立っている。1974年、イギリス国内の学究機関を相互接続する SERCnet で X.25を基盤とし、それが後にJANET(英語版)となった。ITUの最初のX.25規格は1976年3月に承認された。

光通信事業と世界株価マーケットの関係

日本の株式市場における株価の決定方式は、大きく二つに分けることができる。一つはオークション方式といい、売買当事者が希望する価格と数量を証券取引所に告げることにより、証券取引所側で約定を行うもので、日本では一般に使用されている決定方式である。もう一つはマーケットメイク方式といい、マーケットメイカーとなった証券会社が、確実に成立する気配値を出して売り方と買い方を募るもので、光通信事業やインフラ関連株に関わらず日本ではごく一部の銘柄において採用されている方式である。

光通信関連も含めた株式の発行は、社員の参加と資金調達という二つの性質を持つため、かつては前者の性質が重視されて株主総会の決議が必要とされていた(現在でもヨーロッパではこのような法制が通常である。)が、現在では後者の性質が重視されるようになり、経営の機動性を確保するため、株主総会の授権の下で原則として取締役会の決議で発行することができるほか、株式の分割、消却なども会社法の規定の範囲内で自由にできるようになった。

日本においては、かつては商法において記名株券と無記名株券の両者が規定されており、記名株券についてはその交付によって株式を譲渡できるものの、株主名簿への記載又は記録が発行会社に対する譲渡の対抗要件であった。一方、無記名株券については交付によって株式を譲渡でき、株主名簿は存在しなかった。1990年の商法改正(1991年4月施行)で無記名株券の制度は廃止され、記名株券に一本化された。もっとも、廃止前から無記名株式はほとんど利用されていなかった。

光通信のインフラ整備に関わる人材確保について

日本では1980年代になると欧米のエージェンシーに似た業者が出現した。企業のマネジメント層、財務、M&A、法律関連などに詳しい特殊な能力を有する人物、光通信事業に関わらず特定分野の高度な技術を持つ人が必要な場合、職業紹介会社やスカウター(いわゆる「ヘッドハンター」)に依頼して探し、採用するようになったのである。これはやがて職業紹介事業として法整備されるようになり、現在でも行われている。

情報誌の無料化が進行するのと並行的に、インターネット上の求人情報発信は増加の一途をたどった。もともと求人情報誌の老舗であったリクルート社の「リクナビ」をはじめ、企業がハローワークに申請・登録した求人情報を求職者が検索できる「ハローワークインターネットサービス」などのインターネット求人情報サービスが2000年頃から開始した。また、各社の自社サイトに掲載された求人情報をロボットでかき集めてリスト化して表示する検索エンジン型無料求人サイトも登場した。

違法な求人広告等の違法行為の被害者として憲法において保全されるはずの権利である給料が中間搾取され、ストなどの団結権や団体交渉権も有名無実化し、派遣社員・非正規労働者・失業者のなかでは法治国家への不信が増大しているとの議論が存在するが、国家に絶望した者がテロに走るなどと秋葉原事件と五・一五事件、二・二六事件らの昭和維新、「一殺多生」を謳い三井財閥総帥を殺害した血盟団事件(後に議員となった菱沼や、殺人罪の刑を受けた四元義隆は戦後政界の黒幕的存在となるなど、団員は社会的成功をおさめる)を結びつける刺激的な見解が言論界では存在する。


since2010 © 目覚ましい発展の光通信技術